セブの路上でおにぎり販売!アクトハウス在学生の東田さんってどんな人?

Talk with






ええ、Instagramを見ていましたら、私が通っていた語学学校の先生と、アニメのコスプレをした日本人の写真が投稿されていました。どうやらその日本人はセブ島I.T.Park近辺の路上でおにぎりを販売しているらしい。。

んー、気になる。。

ということで、

お目にかかることができました!ご紹介します、東田翼さん(以下敬称略)です!

 

2018年9月28日(金) 14:30~ TABi CAFEにて【Dream photo contest】を開催します!

あなたのお気に入りの夢写真を1枚、旅カフェにお持ち下さい!
夢を持つ人が集まって、その写真の経験、エピソードをみんなにシェアするイベントです!

イベント詳細はこちらから【TABi CAFE FBページ

皆様のご参加、お問い合わせをお待ちしております:)

ぜひTABi CAFEでお会いしましょう!



なぜセブ島に?

 

和久井:そもそもなぜセブ島ですか?

東田:アクトハウスのFB広告を見たのがきっかけです。ちょうどその頃転職を考えていて、英語・ビジネス・ITは転職に有利になるからというのが1つ目の理由で、2つ目が夏にリゾートへ行きたいと思っていたので、ベストやんと思って決めました。

 

和久井:仕事はどうされたんですか?

 

東田:アクトハウスは基本的に3ヶ月と6ヶ月のプラン利用を勧めているのですが、 私が休暇中に1ヶ月プランで学びたいと問い合わせたところ、特別に1ヶ月用のカリキュラムを設定してくれました。

和久井:それが7月のことだそうですが、なぜ今(9/19)もセブにいるんですか?

 

東田:とりあえず1ヶ月留学することになったのですが、新しい出会いがたくさんあって、起業している方が多くいたり、ブリッジSEとして活躍している方もいて、もうちょっとここにいたいと思ったので3ヶ月に延長しました。

和久井:仕事は?

 

東田:そのまま退職しました。

 

和久井:それでこっちで起業しようと考えているんですか?

 

東田:今はしたいとは思わないです。少し変わっていると言われるんですが、将来は30歳までに年子の子供を2人欲しいんですね。結婚までに最悪半年付き合えればいいと思っているので、27歳で出会って28歳までに妊娠できればいいと思っています。ということで、26歳までは好きなことをしようと考えています。アクトハウス留学も広告を見て5分で決めました。

 

和久井:松岡修造並みの決断力ですね。素晴らしいと思います。

 

 

 

なぜおにぎりの路上販売?

 

和久井:それで、なぜおにぎりを売ることになったんですか?

東田:アクトハウスの先輩が、GOGOCAFEの社長(森田剛氏)が路上でカツサンドを売っていたという経歴を講義の中で知って、それに影響を受けて路上で何かやりたいと言っていたので、じゃあ一緒にやろうと言いました。

 

続き:先輩は当初セブの人にコスプレをしてもらって、路上で撮影会をするという案だったんですが、コスチュームを用意するだけでもすごいコストがかかるので、まずは自分たちがコスプレをしてフリーテイクフォトを始めました。

自分としては、セブの人はみんなアニメ好きだっていうけど、それは一部の人の話で皆ではないという仮説があったのでそれを検証したいとも考えていました。

 

和久井:一緒に写真を撮りましょう。みたいな。

東田:フィリピン人に「路上でコスプレは変わってるけど、なぜしているの?」と聞かれたので、「フィリピン人の友達が欲しいからだ!」と答えていました。あとは、FBのIDをホワイトボードに書いて、一緒に写真に写して拡散してもらいました。

和久井:人は意外と集まりましたか?

東田:ストリートチルドレンが集まってきて、一緒に写真を撮りたいフィリピン人をたくさん集めてきてくれたこともありました。

和久井:ストリートチルドレンがなぜ、そんなことをするの?

 

東田:彼らとしては紹介料が欲しかったんだと思います。あとは、フィリピン人の名前を漢字で書くというパフォーマンスもやっていました。フリーテイクフォトと名前を漢字で書くパフォーマンスは3回実施しました。3回目には他のアクトハウスの生徒も集まったのでグループでやってみたのですが、ぐだってしまって、それから1ヶ月は活動を休止していました。

 

和久井:なるほど。しかし?

 

東田:9月末に帰るから、その前にマネタイズして、結果を残したかった。です。前々職ではパティシエとして働いていたので、アイスキャンディーを売りたかったのですが、保冷パックがないのでできなったんです。それで、日本食っぽくおにぎりにしよう。そして、アニメコスプレもしているので、アニメに関するおにぎりにしよう。ということになりました。

 

和久井:それは全部売れたんですか?

 

東田:50個作って、3時間で完売しました!50個売れば利益が出るという計算だったので。

 

和久井:へえええ!意外と売れるもんなんですね。それは1回しかやってないんですか?

 

東田:それは1回しかやっていないです。コスチュームはアクトハウスに置いていくので、あとは後輩に託します。

 

物理学科卒の元パティシエ

和久井:てか、なんで物理学科なのにパティシエなんですか?

 

東田:大学の頃からフレンチで週5とか週6でバイトをしていて、単位を全部を取り終えたのでそのまま契約社員になり、特に就活はせずにそのまま正社員になったという感じです。お金持ち見つければいいや、と。笑

 

続き:ところが、正社員になったお店が新卒の7月に潰れてしまいまして・・。新卒でフリーターはアレだなということで飲食店向けウェブマーケティングの株式会社favyに転職しました。その後、7月にアクトハウスへ留学に来てからそのまま退職という感じです。

 

和久井:毎年7月に何かがありますね。。

ちなみに、来年は7月くらいからしばらくパリに住みたいそうです。

 

元彼がやばい

 

東田:元彼にLINEをハッキングされたことがあります!彼のパソコンで2人でyoutubeを見ようと言って、パソコンを開いたら自分のLINEの画面がバンっと・・・。スマホ以外のデバイスでログインするとLINEで通知がきますよねでも、それもなかったんです。

続き:それで、彼が「そこまでしないと信用できない自分が嫌だ」ということで、その日フラれました。

 

続き:会社の飲み会の時に「女の子と飲みに行く」と言ってもめっちゃしつこく本当か聞かれたから、嘘をつく時はその兆候があるのかと思ってたんですが、LINEを見られていただけだったんです。

 

和久井:(爆笑)

 

東田:今もLINEアカウントは変えていないからずっと見られているかもしれないです。インスタのストーリーも投稿するとすぐに見られているんです。ちなみに、その振られた日は誕生日当日でした。。

 

和久井:おめでとう・・・

 

 

東田:その前は、振った男がストーカーになってしまったこともありました。

 

続き:付き合っていた時に合鍵を渡していたのですが、別れた後も回収しなかったんですね。バイトから帰るといつも家にいる。出ていかないから友達を呼んで出ていかせて、合鍵もその日に取り上げたんです。

 

これでもう来ないだろうと思った。

次の日は大雨だったこともあり、合鍵も取り上げたし、絶対にいないだろう。

アパートの階段を登ると、ずぶ濡れになった元彼がいた。

 

 

続き:その後もSNSでメッセージを送ってきたりしていたので教授に相談したところ、彼の学科の教授が厳しく注意してくれました。

和久井:それでもうストーキング行為はなくなったんですか?

 

東田:いや、「これまで奢っていた分のお金を全て返せ」と言い出しました。

 

和久井:でたーーー!!いるんだよね、そういう人!

 

東田:教授に仲介に入ってもらって8万円を手切れ金として渡しました。

和久井:なんで男たちはそうなっちゃうの?

東田:私を好きな人にはすごい好かれちゃうのかもしれない。

和久井:ポテンシャルですね。

 

将来の夢

 

和久井:物理学科卒元パティシエ、元営業で元彼がやばいというとにかく情報量が多い東田さんの将来の夢はなんですか?

東田:中目黒のタワマン(10F以上)に住みたいです!

和久井:なるほど、28歳で妊娠して、30歳で年子の母親になって、中目黒のタワマンに暮らすということですね。

 

東田翼さんのFacebookはこちら【Tsubasa Higashida

東田翼さんのInstagramはこちら【#ちょすたぐらむ

 

 

〜ご協力ありがとうございました。〜

セブルートは、東田さんのこれからの人生に幸多からんことを心から願ってやみません!

 

アクトハウスコース一覧

1ヶ月コース詳細はこちら

3ヶ月コース詳細はこちら

6ヶ月コース詳細はこちら