フィリピン人は何歳から車の運転をするの? フィリピン人の自動車運転免許について調べてみた!

フィリピン人について

皆さん、こんにちは! ナミヘイです! 皆さんはYouTubeは良く見られてますか? ナミヘイは以前は暇
つぶし程度に見る程度でしたが、最近は少しYouTubeを見る時間が伸びてしまってたりで…(*_*)
でも、おうち時間を取り上げた様々なコラボ企画を見る事が出来たり、今までやった事ないことを
やり始めて見ようかな? と思わせてくれる様な動画を見たり、色々と見つける事が出来てます。(笑)
その内の一つがコチラの動画です♪


サラリーマンが出勤前に作る朝ごはん!

簡単に出来そうな朝食から少し手間が掛かりそうな朝食まで、とても楽しそうに料理をされてる姿を
見てるとナミヘイもやってみたい! て思っちゃいます♪そしてお腹もとても空いちゃいます。(笑)
皆さんはどの様にお家時間を過ごされてますか? 良ければナミヘイにも教えてくれると嬉しいです!

さて、日本は車の免許を18歳から取得する事が可能となっているので、早ければ高校3年生の夏頃に
免許を取得されてる方もいてると思います。それではフィリピンであればどうなのでしょうか?

今回のナミヘイブログでは、フィリピンでの自動車運転免許の取得事情について取り上げて
みようと思います!

フィリピン・セブの交通事情について

最初にフィリピンの交通事情について述べさせて頂きますね♪フィリピンの首都、マニラであれば
日本とそこまで変わらないくらい交差点などに信号が設置されていたり、道が整備されていたり
するのですが、首都圏から離れてしまうと状況は変わってしまいます…。

そしてそれはセブに置いても同じで、、セブの交通環境は日本に比べるとあまりよくありません。
大きな交差点であれば信号があったりもしくは手信号を送る警備員が立ってたりしますが、大抵の
交差点には信号がないので事故が起こってしまったり、車やバイクタクシーの量が多く我先にと
横入りされたりするのが原因で、朝、昼、夕方の時間帯は、特に通勤・帰宅ラッシュや事故が
発生しやすく場合によっては何kmにも及ぶ大渋滞になったりします。

また、横断歩道があまりないため、歩行者が急に道に飛び出してくることがあります…(+_+)

フィリピン人が運転免許を取得する。日本との違いは?

  • 今から記載する運転免許取得の内容は、現地フィリピン人に対して有効な内容となります。
    日本人がフィリピンで運転免許を手にする為には、別に必要な物や条件が必要となりますので、
    宜しく
    お願い致します。

フィリピンの場合

フィリピンには大きく分けて3種類の免許があります。

student permitnon-professional permitprofessional permitこの三つです。これら
三つの免許を取得する為に必要な物や条件について、記載させて頂きます。( ..)φメモメモ

student permit

日本でいう仮免許がstudent permitになり、16歳以上であれば誰でも申し込む事ができます!
但し、英語かタガログ語の言語能力があり、体力的、精神的に運転に見合う能力が必要とされます。
また、コチラの仮免許では1人で運転は出来ません! 必ず車内にnon-professionalprofessional permitを持っている上級者ドライバーとの同行が義務づけられているのが特徴です。

必要事項

  1. 未成年の場合は親の承諾書
  2. 年齢・身元が確認できる身分証明書
  3. 専用の申し込み用紙
  4. 発行料金:317ペソ

non-professional permit

17歳以上で取得が出来る免許がnon-professional permitになり、コチラの免許を持つ
ドライバー
は、原付バイクとセダン、ミニバン、SUVなどの自動車(MT&AT 4500キロ以下)
の物を運転できる。タクシーはこのライセンスで運転可能
※免許ではアルコール・ドラッグテストも行われる為に注意が必要です!

必要事項

  1. 政府指定の病院で行ったドラッグテスト
  2. 政府からの認定を受けた健康診断証明書
  3. 発行から1ヶ月以上経っているstudent driver’s license
  4. 専用申し込み用紙
  5. 税金身分証明書
  6. LTOが行う技能テストと筆記テストへの合格
  7. 料金417ペソ

professional permit

18歳以上でprofessional permitと呼ばれる免許が取得できます。このライセンスを入手する事で、4600キロを越えるトラックや建設用車両などや、大型車や特殊車両なども含めてフィリピン国内の
ほとんどの車両を運転する事ができます!
※但し、伝染病、テンカンと言った運転を妨げる病気を持っていない事が条件の一つです。

必要事項

  1. 最低5ヶ月前に発行されたstudent permit
  2. ドラッグテストの結果用紙
  3. 健康診断証明書
  4. 無犯罪証明書
  5. 税金身分証明書
  6. LTOが行う技能テストと筆記テスト
  7. 専用申請書
  8. 料金417ペソ

日本の場合

日本での普通自動車運転免許の取得方法を簡単に調べました。普通自動車運転免許を取得は18歳以上から可能となっていて、自動車教習所にて視力が基準に達しているか・色の識別・運転に支障の出る
持病はないかなどのチェックをした後は・・・

だいたい2か月~6か月くらいは通う事になります。自動車学校での教習料金はだいたい20万~30万
くらいで、自動車学校で仮免許を取得したら、自分の住所がある各地域の運転免許センターに行って
本免許を取得します。もしくは教習課程を一気に飛ばして、一発試験で取得できる方法もありますが
費用は5万くらい掛かる事、従来の教習課程より細かく運転技術をチェックされてしまうので、合格
する事は難しいです・・・。どちらの方法であっても、日本での運転免許はそう簡単に安く取得する
事はできません。(T_T)

まとめ

いかがでしたでしょうか? 実はセブに来て一番最初に日本人が驚く事は交通関係だと思います。
信号が全然無くて運転は荒い。正直、道路を横断する事でさえ慣れるまで時間が必要かも
知れません。思ってた以上に値段も安く短い期間で取得できる運転免許でしたが、もう少し
だけ交通ルールを学ぶ時間を作り交通ルールを守る様にし、フィリピンに来られる旅行者や
現地フィリピン人が安心して生活できる環境になる事を心から願います。(/_;)

今回もナミヘイブログを見て頂きまして、ありがとうございます!
次回のブログでも宜しくお願い致します!