フィリピンで有名な伝統武術って?! アーニスについて調べてみた!!

スポーツ

皆さん、こんにちは! ナミヘイです! 最近ナミヘイは、ブログの書き出しで何を書こうかと考える事が多くなりました。(+_+) 名のある雑誌の記事や本、ブログなどを書かれてるライターの皆様や日々、色々な記事を生み出してブログに載せられているマスオさん率いる、マスオファミリーの皆の事を
とても尊敬しているナミヘイです(ToT)/

言葉の錬金術師になりたいな・・・(T_T)

さて、皆さんはフィリピンの有名な格闘技と言えば、何を思い浮かべますか? キックボクシング? それともムエタイ? 確かにそれらも有名なんですが、フィリピンでは他にも有名な格闘技があるんです!

今回のナミヘイブログではフィリピンに古くから伝わる伝統武術! 「アーニス」について
取り上げてみたいと思います!

アーニスとは?!

アーニスとはフィリピンに伝わる伝統武術で、セブ島ではエスクリマ(Eskrima)」と呼ばれています。歴史を遡っていくと、スペイン統治時代にモロ(イスラム教徒)の海賊と闘うためにスペイン人より伝えられたエスグリマと呼ばれるスペイン式剣術に、現地のフィリピン人達が様々な発想や工夫が加わって変化し、20世紀に入ってからもアメリカや日本などの外国の武術の動きなどの要素が加わって今も少しずつ進化を遂げている武術です。 ( ゚Д゚)!!

バストンと呼ばれる長さ70cmくらいのスティックを使って戦う武術ですが、相手を打つだけでなく、
スティックを上手に使い相手の関節を極め動けなくしたり、ステックを振っている時の反動を利用して、相手を投げたりと、色々な技法があります。またフィリピンの地域、流派によっては違う動きで
ステックを使われていて、対人戦闘の際に様々な動きでナイフや徒手などにも応じる事が出来る
とても優れた武術なんです!

フィリピンでは国技として認知されていて、フィリピンの学校では体感教育にも取り入れられています。またフィリピンの移民が多く住むアメリカの方でも、かなり広い地域で人々が練習されており、
近年ではハリウッド映画のバトルシーンにもアーニスの武術を見ることが出来ます!

アーニスの戦闘の型とは?!

シングル・スティック

スティック1本を片手に持って戦う一番基本的な型で、現代のアーニスを代表する技術です。
近距離での戦闘を専門としたり、中距離での戦闘を専門としたりと流派によって技術の違いは
ありまが、一般的には近い間合いで相手の攻撃をブロックしてからのカウンターを打ち込み、
武器を奪う動き(ディスアーム) をするのが、基本の方となります。

ダブル・スティック

スティック2本を両手に持って戦う双剣の技術です。基本的にはシングル・スティックと時と動きは
同じで、相手の攻撃を受け止めてからカウンターに持ち込みますが、片腕を掴んでからのカウンター
攻撃は出来ないので、シングル・スティックの時より少し遠い間合いを取り、如何に手に上手く力を
込められる様にするかがポイントとなります。

プンタ・イ・ダガ

右手に剣、左手にナイフを持って戦うと言う、19世紀頃に主流であったアーニスの戦闘スタイルです!
エスパダ・イ・ダと呼ばれるスペイン剣術に起源がある技術で、本物のブレードで戦う戦闘スタイルの為、スティックだけの時よりも遠い間合いを取る必要があります。
※現代のアーニスでは殆ど廃れてしまっている古い戦闘スタイルですが、フィリピンの一部の地域や流派には技術が伝わっているみたいです。

エスパダ・イ・ダガ

右手にスティック、左手にナイフを持って戦う20世紀初頭のアーニスの戦闘スタイルで、右手に剣
(エスパダ)、左手にナイフ(ダガ)を持つスペイン剣術に起源を持つ技術です。現在はコチラの
構えや武器の構成が主に知られているとの事でした。

クツィリョ

相手のナイフの攻撃を素手で上手く逸らしつつ、武器を奪う動き(ディスアーム) をする技術です。
ナイフのディスアームには、適度な距離まで近づいて目潰しを用いて相手の動きを少しでも止め、
ディスアームするスタイルや、相手の懐に入り込んでから相手がナイフを持った手をコントロール
してディスアームするスタイル等があります。これらの一連の動作をイラストリシモ・エスクリマ
もしくは、クツィリョと呼ばれています。

アーニス(エスクリマ)は何処で体験出来るの?

Teovels Balintawak Self-Defense Club と言うマクタン空港から少し離れた所にあるスポーツジムにて、アーニスの講習を受ける事が出来るみたいです。以下詳細になります。

アクセス情報

住所 : Basak, Mandaue City, 6014 Cebu
Tel : (032) 422 2018
営業日時:(月~土)18:00~22:00、

             (日)13:00~17:00

コース内容と料金について。

コース内容

棒術のコース : (月・水・金)  18:00~21:00

ナイフや武器から自衛コース :  (火・木)  18:00~21:00

素手の応用コース :  (土)      18:00~21:00

中級のコース :    (日 )   13:00~17:00

料金

会費はお1人 200ドル です。

レッスン料 : マンツーマン 1日 70 ドル

                  マンツーマン 1か月間  400ドル

※体験レッスンあり

まとめ

いかがでしたでしょうか? フィリピンの伝統的格闘技「アーニス」について少しだけご紹介致しましたが、アーニスは競技、教育としてもフィリピンに強く根付いているようですね。また、日本では
カリ(Kali)」という名前で呼ばれているみたいです。(‘ω’)
もし機会に恵まれてフィリピン、セブにお越しの際は体験して頂くのも楽しいのかなと思いました!

今回もナミヘイブログを見て下さいまして、ありがとうございます!
次回のブログでも宜しくお願い致します!