フィリピン人について知ろう! そして仲良くなろう!! ①

フィリピンの文化

皆さん、こんにちは! ナミヘイです! 皆さんは、アニメや漫画は良く読まれますか?
ナミヘイは昔、それらを良く読んでいて今も少年ジャンプだけは読むようにしてました。最近、
クライマックス続きで終わりが近づいてきてると思うのはヤッパリ、鬼滅の刃 (きめつのヤイバ)
ですね! ( ゚Д゚)

時代劇物と妖怪退治、それに家族愛を上手く混ぜ合わせて作られた作画やシナリオなどには、
いつも驚かされつつも楽しく読んでました♪ …最終回を迎えたら、ナミヘイは間違いなく
鬼滅ロスになると思います…( ノД`)シクシク…

さて、皆さんはフィリピンのお国柄や、そこに住まれている現地フィリピン人の生活感覚などに
ついて知られているでしょうか? 同じ日本人であったとしても、お互いの事が分かり合えずに
人付き合い等が上手くいかなくなる場合もあります。それはフィリピン人を含め海外の人と
照らし合わせても同じ事だと思います。

今回のナミヘイブログでは、フィリピンという国とそこで生活をされている現地フィリピン人の
風習や特徴について、幾つか伝えさせて頂こうと思います!

フィリピン社会について

最初に、全体的に見たフィリピン社会の特色についてお話させて頂きますね!

家族を思う気持ちが強い

フィリピン人同士の家庭であれば、お互いに家族を大切にする人が多いのが大きな特徴のひとつで、
日本人のように、嫌みや謙遜など身内を悪くいったり、貶めたりする様な言葉は口にしません。
日常生活でも家族や親族の用事は最優先。お休みや遅刻の理由が家庭の用事や故郷へ帰っている事
であった場合は優しく受け入れる事が多々あります。

フィリピン人の家族の悪口は大きなトラブルに発展する可能性もあるので、冗談でも言わない様に
気を付けましょう。

大家族が多く年長者や子どもに優しい

フィリピンでは5人、6人以上の大家族である家庭がとても多く、小さな弟や妹たちの面倒を兄弟や
姉妹ででみる機会も多い為、結婚経験などが無いフィリピン人の若い人であっても、子供のお世話
に慣れている方も多いんです!

街中であってもジプニーに乗る時や、ショッピングモールやレストランなどで過ごされる時であれば、
妊婦さんやお子さんへの温かいサポートが見られるシーンも良く見かけます。

加えて、年上の方を敬う文化が根強く残っていて、両親が年をとったら子どもたちが養う事、
もしくは親に言われた事は当たり前の様に、親の意向に沿うようにしようとします。
子どもにもお年寄りにも優しいのがフィリピンの良いところです。

キリスト教(宗教)が生活に溶け込んでいる

皆さんは、フィリピンはアジア圏の中でもトップクラスのキリスト教国家である事をご存じでしょうか?国民全体の約85%がキリスト教信者 (カトリック) で、それ以外の人も他の宗派のキリスト教や
イスラム教など信仰をもつ人がほとんどなんです。( ゚Д゚)!!

各家庭や職場などに最低一つはキリスト教徒の車にクロスやイエス像が飾られていたり、キリスト教やイスラム教に関係するイベントや祝日などがあったり…金、土、日の毎週末には、教会や、大きなショッピングモールのイベント会場にミサと言う、キリスト教に伝わる独自のお祈りが開かれたり、日常生活の中に様々な信仰の様子がみられます。

また、クリスマスはキリスト教にとって1年で最も重要なイベント。
フィリピンでは、9月からクリスマスモードが始まり、仕事が終わった後に職場のメンバーでクリスマス向けのダンスの練習をしたりパーティー用のゲームやプレゼントを用意したりと、12月に向けて人々の働き方が変わるほどの熱気を感じます。

日本では12月24日のイヴもしくは25日がメインで、夜に恋人や友人と過ごすことが多いですが、フィリピンでは家族と祝うのが一般的です。なので、別の日に友人や職場の同僚たちと一緒にクリスマスパーティーを開きます。もしフィリピン人を誘ってクリスマスデートを考えるなら24日や25日は避ける様にしましょう。

男性より女性の方が働きもの?!

フィリピンでは、しっかりと働く女性がとても多いです。レストランやホテルの統括マネージャー、
語学学校の学長など重要な役職には女性が任命される事が多く、他にも女医さん等の専門職の数も
とても多い印象です。また、街中ではお腹の大きくなった妊婦が出産ギリギリまで働く姿をよく
見かけます・・・まさしく、働くお母さんですよね。( ゚Д゚)!!!

その傍ら、男性は家にいて子育て等を担うことも珍しくありません。
ですが、頑張って職場で信用を得て仕事で躍進されている男性もいてるので、男性女性に関係なく
働ける人・働きたい人が大人数の家族を養う為に働く勤勉な国です。

お金を持つ者、持たざる物の大きな格差

この問題については東南アジア全体に言える事かもしれませんが、フィリピンでもお金持ちと、
そうでない場合の生活の差を感じる場面を度々見かける事があります。

月収 100,000ペソ 以上(日本円で約210,000円)を得ているAランクと呼ばれる世帯であれば、自家用車を購入されたり、I Phone持たれたり・・・少し条件の良いコンドミニアム( キッチンや洗濯機など生活する為の設備が整られており、入り口にキチンとガードマンも配置されている宿泊施設の事)
に住まわれている方もおられますが・・・

月収8,000ペソ (日本円で焼く17,000円) で生活をされていてEランクと言われる貧困層であれば、満足に生活のやり繰りが出来ない為、道で幼い子を抱えながら「お金を恵んで…」と手を出してくる人もいれば、働き口のない最貧困層といわれる世帯もあり、住む所もなくても、1日100ペソ(約220円)の収入をなんとか手に入れ生活している方々もおられます。

でも、収入の多い少ないに関わらず仕事をされてる人達はいつも明るく楽しそうにしていて、そこまで生活に困っている様には見えません。このメンタルは素直にスゴイと思います。

※但し、足で道を歩きながらタオルを売ってる子供がいたり、ストリートチルドレンといったチビッ子ギャングがいたり、外国人を騙してお金を盗ろうと寄ってくるフィリピン人もいてるので注意が必要です。

フィリピンの国民性とは?

次にフィリピン人の国民性ついて、良い点、良くない点について述べてみたいと思います。

良い点

  • 家族思い
  • 明るい
  • フレンドリー
  • おおらか
  • きれい好き

フィリピン人の良い面はとにかく明るく大らかで、とてもフレンドリーなことです。
家族やご近所付き合い、職場等ではモチロンの事、道端で初めてあった人同士であってもスグに意気投合して仲良く出来る人もいます。

また、きれい好きな面もあります。とくに女性は朝、晩と一日に二度シャワーを浴びたり、持ち運びタイプのアルコールを携帯していたり、中にはTシャツにまでアイロンをかける人もいます。特に匂いには敏感で、香水やシャンプーの香りを纏わせている人が多い印象があります。

良くない点

  • 自分が大好き
  • 時間にルーズ
  • プライドが高い
  • お金の浪費が激しい時がある。

その一方で時間にルーズな一面もある為、ビジネスにおいては振り回される事もありますし、デート等のお出かけの待ち合わせの場合であっても遅刻してくるフィリピン人を良く見かけます…(/ω\)

そしてプライドが高いという点も忘れてはいけません。
人前で叱られたり間違った事を指摘されたりする事は恥だと思う傾向が強く、たとえ知らない情報や知識であっても知っているフリをしたりするフィリピン人も多いんです…(T_T)

日本では、会社の上司が部下に人前で指摘をする事は普通に見かけると思いますが、フィリピンで同じ様にしてしまうと職場で信頼問題に発展しかねません。なので必ず相手が一人になる環境を整えた上で、言葉や内容を選んで話をし理解してもらう事が重要です。

もしフィリピン人とのデートを約束し初めての日本食に挑戦させる場合であれば、チョットした個室などがある日本食レストランにすれば、日本食の食べ方やマナーについて話をしやすいかも知れませんね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか? フィリピンの事について事前に知識があると、現地での生活で余計なトラブルが回避出来たり、友達や恋人を作りたい時に役立ったりします♪
フィリピンの知識を高めて、楽しいフィリピン・セブ島生活を過ごしましょう!

今回もナミヘイブログを見て頂きまして、ありがとうございます!
次回のブログでも宜しくお願いします!