セブ島留学<英語学校及びエージェント>超ブラック企業リスト

セブ島新型コロナ情報

人間というのは基本的に利己的だと思います。特に災害時にはその人の本性が分かります。今回の新型コロナウィルス感染拡大は、フィリピン・セブ島の英語学校、エージェントの経営に直撃しました。そのため、英語学校の返金ポリシーをめぐって顧客とトラブルになる英語学校、現地セブ島で日本人従業員の雇用の関係でもめている会社が続出しています。このリストにある会社に留学する際、働く際は十分に注意が必要です。本コンテンツは、セブ島留学の事故物件版とも言えます。以前にも書きましたが、ここに書いている内容は100%の証拠入手に基づきますので、誹謗中傷の類ではありません。※個人攻撃はしたくないので、個人名の掲載は控えております。悪しからずご了承ください。

働いてはいけない企業No.1セブ島の最大手英語学校SMEAG校

この学校は、新型コロナ感染者を出して隠蔽したか、隠蔽した事実を知ったかの疑惑があるだけでなく、我々日本人として最も働いてはいけない企業・英語学校です。マネージャークラスの給料は10-15万ペソ(20‐30万円強)とやや高めですが、今回の新型コロナウィルス拡大による英語学校の閉校騒ぎの中、

3月中の給料は半分
4月以降は給料ゼロ

という条件を突きつけ、憤りを覚えたマネージャーは、本日急遽日本に帰国するという噂が広まっています。マスオは日本に取材ネットワークを持っていますので、上記マネージャーの取材・インタビューが出来次第、詳細にこのページで報告をする予定です。とある学校で数名残して残りは実質解雇したなど、さまざまな情報が入っていますが、この学校はオーナーが韓国人でもあるので、日本人はバッサリ切ってしまったのでしょう。元々この韓国人オーナーは、ワンマンであるだけでなく、かなり変わり者という評判です。韓国系の英語学校は韓国人が多く、国籍比率のバランスが日系英語学校と比較していいというメリットがあります。しかし、働く場所としてはどうでしょうか?3月15日から閉校したので、3月の給料は半分というのは、ある意味理屈が通っていますが、つい最近まで怒涛の忙しさを過ごしたマネージャーに、上記通告をするのは、ブラック企業以外の何物でもありません。韓国系ということもありますが、こんな会社では絶対に働いてはいけません。

留学情報館、KREDO、HALCAのグループは化けの皮がはがれる

留学情報館、KREDO、HALCAは同じグループの企業です。留学情報館は留学エージェントで、アメリカ留学のエージェントからスタートして、現在はフィリピン留学にもかなり力を入れています。特に親子留学に力を入れていて、日本が学校の一斉閉校を踏み切ったとき、「親子留学50%OFFキャンペーン」というプロモーションを大々的に始めました。これから感染が拡大するかもしれない時期に、セブ島は安全ですの触れ込みで大々的に告知をしたのです。この部分については、ここの社長はセンスがない(こういう時期はおとなしくしとくべきで、割引などのプロモをしても効果が少ない)と単にバッサリ切ることもできます。

しかしながら、ここでブラック企業だと間違いなく言えるのは、セブ島安全ですと大々的に募集しておいて、いざセブ島に入国できなくなることがわかると、まだセブ島に到着する前の返金についても60%しか返金しないと言い切ったことです。ほとんどの学校で留学前の返金は100%にしている状況かつ、自分からセブ島は安全ですと割引プロモまでしておいて、返金は60%しかしませんとか、ブラック企業以外の何物でもありません。結局この返金でお客様からの大非難を浴びてしまい、最終的には90%の返金となるのです。90%というのもせこいですし、はっきり言って反省の色も見えません。そして支払い予定日がなんと8月末。生徒さんが振り込んだ留学費用、一体何に使ってしまったのでしょう。

QQ Englishはやっぱりブラックの中のブラック企業

シーフロント校の新型コロナ感染者発生の噂や、英語学校事業の完全閉鎖を思わせる映像など、セブ島を代表するお騒がせ企業QQ Englishですが、代表者のパフォーマンスがかなりブラックです。いち早く閉校を決めて、新聞などに「10万人の小中高生に無料でオンライン英会話をする」などとうたい大々的に宣伝をしている一方で、返金規定は厳しく、実際に留学していた生徒さんからはかなり批判を浴びています。

それだけならよかったのですが、その返金ルールで稼いで節約したお金で、お米を届けるボランティアをしているというアピール。この人もボランティアというものをはき違えていますね。タイガーマスクの伊達直人のように、本名を名乗らずにするのがボランティアの本質です。代表者のブログやFacebookにお米を届けてきましたアピールは、なんとも気持ちの悪いものです。

もっと言うと、本人がYoutubeで力を入れると言っているオンライン英会話ですが、本人はPEZAのIT企業で運営しているとか、従業員を近くに住まわせることで、セブ島が実質ロックダウンしている間も提供しているといいます。セブ島の状況はそんな悠長な状況ではなく、今週末から実施されるEnhanced Community Quarantineにより、就業規制もかなり強化されています。PEZAのIT企業も就業を50%にするように要請が国からなされており、こんな状況で会社を運営していること自体、かなりブラックだと思われます。1300人TESOL保有も100%嘘ですが、この人の言うことは真に受けてはいけません。

QQ Engllish被害者の会設立へ

TARGET(ターゲット)校はAKITAを残して閉鎖なのか???

TARGET(ターゲット)校は、グループで飲食店(AKITA)を経営する、同じオーナーが運営する英語学校です。AKITAは一時閉店のようですが、TARGET校については、現時点で台湾の知り合いから学校完全閉鎖の噂も出ていますが、現時点で確定情報が得られていません。一方、今回の新型コロナウィルスの影響で、すぐに帰国することになった生徒さんから、返金金額についての告発が、Twitterで拡散されております。詳しくは拡散されているTwitterを見ていただくのが、よいと思われます。

スマ留<シェアリングテクノロジー>は親も子も真っ黒

スマ留というブランドで運営する企業の親会社は、東証マザーズ上場のシェアリングテクノロジーです。この親会社のシェアリングテクノロジーですが、まず上場詐欺ブラック企業です。マスオは、2019年6月16日にシェアリングテクノロジーが割安?(スマ留)という記事でも説明しています。マスオは引退するまで空売りはしないポリシーなので、してませんが、もしマスオがこのシェアリングテクノロジーを空売りしていたら、1億は稼いでいたはずです。この親会社のシェアリングテクノロジーは、まさに今風前の灯火です。株価で設定した資金調達も、株価下落で予定の3分の2しか調達できなくなってしまいました。もって年内、来年までもつか厳しい状況なので、ここで留学を検討するのはやめときましょう。

さて本題に入りますが、シェアリングテクノロジーの子会社であるリ・アブロードは、「スマ留」というブランドで留学事業を展開しています。そもそもこのスマ留は、変な体育会のりの企業で気持ちがわるい会社です。しかも、返金規定は無茶苦茶厳しく、今非難殺到されている留学エージェントでもあります。親会社は風前の灯なので、ここで留学を申し込むと、学校に振り込まれず留学できないリスクが高まっています。スマ留もブラック、親会社もブラックで、親も子も真っ黒な企業グループと言えます。

サウスピークはTESDA違反のブラック企業

実は、以前マスオ知り合いが英語の発音のプライベートレッスンをしてもらっていた先生が、サウスピークで働いています。3月15日からTESDAの命令で(実際はセブ市長)休校をしなければいけないはずですが、サウスピークはそれ以降授業を行っているようです。上記は実際に、その知り合いがその先生から受け取った証拠メールです。(3月16日なので完全にブラック)フィリピン人は、国からの命令に弱く、本当は働きたくないのに、泣く泣く出社している講師が多かったようです。もともとサウスピークは講師の歩合制にも力を入れていて、結果の出ない講師には給料は渡さないという厳しい企業です。

従業員だけでなくTESDA違反でブラック企業なサウスピークですが、返金規定も他校より厳しく内にも外にもブラックな、正真正銘のブラック企業と言えます。ここの代表者もかなり変わっている人で、そういう人は会社経営に向いているようで、他人の気持ちを理解するのは難しいのでしょう。

内部告発、情報提供大歓迎です。

早速、さまざまな方から情報提供を頂いております。マスオは100%の証拠をつかんだうえで、随時このページでブラック企業を追加しております。逆に、根も葉もないうわさだと言い切れる学校経営者は、ぜひ証拠とともにコメントください。いろんな方からのコメント募集しております。誹謗中傷と思われるコメントについては、あらかじめ編集したうえで承認しております。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。<2020年3月27日情報更新>

セブ島英語学校エージェント業界ブラック企業<まとめ>

働く場所も、留学する場所も、留学エージェントも、どこの会社にするかを決めるのはあなた自身です。間違ってブラック企業に就職してから文句を言っても、それを選択したのはあなたなので、自己責任です。ブラック企業に引っかからないように、十分に調べてから、海外就職、海外留学を検討されることをおススメします。

それではまた。

18 件のコメント

  • QQはPEZAと言って今後もオンラインで営業続ける気でいそうですが今回PEZAから出された会社名リストにはQQ入ってないんですよ。あの〇ゲPEZAも偽っていると思われるので来週あたり行政に密告しようと思ってます^_^

    • そうですよね。そもそも2社別々で運営しないといけないわけで、QQさんがオンラインは別会社でやっているとか全く聞いたことないです。PEZA企業でさえ、50%しか就業できなくなるのに、ここぞとオンライン英会話に力を入れると言っている。ちゃんと、IT企業のSEC資料だとか公開してほしいものです。その際は記事内容の見直しを検討します。

      • 今日のハ○のブログ記事なんて法律的に何も問題ありませんアピってますけどあの人ナチュラルに嘘八百なんでしょうね。メール頂ければPEZAから今回送られてきているPDF共有いたします^_^

  • TARGETも返金が1ヶ月分を引いた上での25%でした。
    16日も先生達に私服(通常制服なのに)を着せて授業を行っていました。

    • Twitterで拡散希望の元生徒さんの情報を見つけましたので、早速追加しました。大変だったとは思いますが、天罰は下ります。

    • そうなんですね情報提供ありがとうございます!証拠を入手のうえ、情報追加検討いたします。

  • サウスピーク休校前に代表丸山から在校生への送信されたメールについて共有致します。

    他にも下記アカウントでサウスピークの問題発信しているのでもし必要であれば自由に使ってください。
    @naaanyo1

    件名: 翌週以降の授業の提供について

    在校生の皆様へ

    サウスピーク代表の丸山です。

    現在、インターネット上でフィリピンにある語学学校が休校措置を取るというような情報が出回っております。

    しかし、サウスピークは顧問弁護士とこれらの問題について確認をしており、学校運営を継続しても問題がないと理解しております。そのため、来週以降も引き続き、通常通りレッスンを提供させていただきます。

    また、今回の事態について、いくつかの語学学校が休校措置を取っている理由は、簡潔に言うと現地の一次情報の収集とフィリピン共和国の法律への理解が足りないためです。
    細かい点につきましては、法解釈や語学学校がどの行政の管轄下にあるのかなど専門的な分野となりますので、割愛いたしますが来週以降も学校運営が通常通り行われますのでご安心ください。

    また、フィリピン政府が日本国民のフィリピンへの入国禁止ならびに、出国禁止措置を取るとの噂も一部ございますが、こちらも全く根拠のないものです。例えば、日本よりも感染率の高い韓国の渡航についても現在まで禁止とされておりません。

    3月12日に行われた大統領の会見は渡航制限に関するものではなく、首都圏の封鎖についてのものでした。
    そのため、マニラからフィリピン国内の渡航は禁止されることとなりました。
    しかし、日本からマニラ、マニラから日本を含む他国への移動は禁止されていません。

    これらの状況から一足飛びに日本からセブへの渡航が禁止される可能性は極めて低いと考えております。

    また、フィリピンのコロナの感染数は現在50名程度で他国と比較しても非常に低い水準にあります。セブに関しては感染がまだ報告されていない状況です。
    こちらも日本に比べても安全な水準であると言えるかと思います。

    サウスピークでは、上記のように最新の現地情報を収集しております。
    特に、一次情報を重視し、各機関への連絡を頻繁に取っております。
    くれぐれも、インターネット上の情報に惑わされず、私共の情報発信をお待ちください。

    以上

    • ありがとうございます。コメントを公開させて頂きました。マスオも法律は詳しいのですが、弁護士と言えば素人は大丈夫だと思うと勘違いしていますね。TESDAから免許はく奪されるリスク、マンツーマン授業による感染リスクなど総合的に検討すべきです。

      • 公開ありがとうございます。
        サウスピークの問題行動がまだまだたくさんあります。
        エビデンスとなるメールや音声録音もあるのですが、何かしらの形で共有させて頂くことは可能でしょうか?
        これ以上被害者が出ない様に何かしらの形で残したいと考えています。

  • Akita昔行ったことあるんですが、あそこの米ってオートミールみたいな感じじゃないですか?

    • コメントありがとうございます。幸いご飯系メニューは注文したことがありません。マスオは味噌ラーメンを食べて本当に驚きました。あんなみそ汁にラーメンを突っ込んだラーメン初めてでした。まずいを超越してます。もっと驚いたのがオーナーがいつも立ってるんです。あんな不味いラーメンだして日本人としての誇りはどこにいったんだ、って思いましたよ。

  • ツイッターでK校のスタッフを名乗っていた人がきえたのですが、学校が解散したということでしょうか?

    • 別に解散したわけではないですよ
      IT4コマと英語1コマのオンライン授業もやってます
      SNS上での批判を避けるために学校の名前を消したんでしょうね。学校の公式アカウントも沈黙を貫いてますし鎮静化するまで待つつもりなのかと

    • コメントありがとうございます。そんなんですね。まだ100%の情報はつかめておりませんので、引き続き情報収集に努めます。

  • マスオさん、お世話になっております。和久井です。

    今回、ひとつお願いがありコメントさせていただきます。
    cebruit.comのお問い合わせフォームの送信先メールアドレスがまだ一部僕のものになっています。

    各方面から記事に関する問い合わせがきている状況なので、売却以前に作ったお問い合わせフォームは全て削除していただいてもよろしいでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    マスオ
    大手企業経理課に長年勤務後、マスオのセブ島留学で脱サラ。経理課時代から投資でひと山当てている。特技は暗算。Twitter始めました。@masuo319 当ブログで多重人格を告白。