フィリピンセブ島留学<超ブラック>英語学校2020年版

セブ島留学

<2020年5月20日更新>

桐原グローバルアカデミーを追加しました。

<2020年5月19日更新>

NILSをブラック8位に追加しました。

<2020年5月18日更新>

YOLOL ENGLISHをブラック8位に追加しました。

<2020年5月4日更新>

Target(ターゲット)を超ブラック3位にランクUPとしました。

<2020年4月30日更新>

NexSeed(ネクシード)を超ブラック3位に追加しました。

<2020年4月21日更新>

SMEAGが返金の遅延が発生していることが分かり、4位にランクUPとしました。

<超ブラック認定>フィリピン留学エージェントについては、すでにまとめさせていただきましたので、最新の情報が整い次第そちらのページで情報を更新致します。フィリピン、セブ島の英語学校については、とあるサイトのおすすめ語学学校情報が、現時点で全く役に立たなくなっております。その件については、そのサイト情報を確認して、自分の目で判断してください。

<超ブラック>セブ島英語学校1位・・・QQ English

留学中に強制帰国となった元生徒と学校の間で民事訴訟に発展しています。

当サイトは第三者の立場のため、誤解をされても困りますので、内容については削除・変更を致しました。

法廷での解決というデリケートが事態となってしまったため、情報の提供は差し控えさせていただきます。(2020年5月28日変更・更新)

民事訴訟のお知らせ(銀座さいとう法律事務所)

↓下記リンク先よりお願いします↓

“新型コロナウィルスの影響によるQQEnglish(セブ島留学)の休校に伴い、留学費用の返金が受けられなかった方へ”(銀座さいとう法律事務所)

詳細は上記リンク先よりお願いします。※当ウェブサイトは上記とは関係がございませんので、お問い合わせは直接お願いいたします。

<超ブラック>セブ島英語学校2位・・・Kredo、HALCA(留学情報館グループ)

同じ穴のムジナというべきでしょうか。QQ English校、Kredo校、マナビジンは代表者同士が仲がいいことで有名です。Kredo校は今回の返金トラブルで当初は渡航前でも60%の返金と言い放ち、結局90%になったんですが、返金は8月末を予定しているようです。どうやら、ここの経営者、新型コロナを甘く見ています。8月末にしている時点で、今、現金は底をついている可能性が高いです。7,8月にも英語学校が再開できなければ、再度延期か、もうお金が戻ってくるこはないでしょう。

社長以外偽名疑惑も

この会社は、Twitterなどで、代表者以外が偽名を使っていることで有名です。偽名を使っているとは、何か悪いことやっているか、過去に何か悪いことやったか、そのどちらしか考えられませんよね。セブ島の英語学校本当に怖いですね。この会社も代表者含めTwitterを駆使していたようですが、前にも話しましたが、化けの皮がはがれてしまいましたね。

HALCAの返金規定もトラブっている

グループの医療英語学校「HALCA」も返金規定が厳しく、問題になっています。グループですから、Kreado、HALCA、留学情報館でブラック3親子です。

<超ブラック>セブ島英語学校3位・・・Target(ターゲット)

ターゲット校が返金問題により、元生徒さんに脅しともとれるメールを送っています。日系の英語学校として、たかが返金問題で、自分たちの対応が悪かったからといって、こうしたメールを送り付けるのは、セブ島に住む日本人への挑戦状と受け取ります。返金問題については、マリリンさんからも、納得いかないというコメントを多数いただいております。

現在その元生徒さんはセブ島に在住とのことなので、マスオが現地フィリピン人弁護士を紹介するなど、対応をけんとう

<悪質>ターゲットが弁護士使って元生徒さんを脅す⁈

<超ブラック>セブ島英語学校4位・・・NexSeed(ネクシード)

IT留学で一般的なフィリピン留学の対応しているネクシードですが、生徒を学校寮のコンドミニアムに残して、経営者スタッフ全員日本に帰国してしまった疑惑があります。日系のサポートを期待して留学された生徒さんにとっては、かなりブラックな情報です。

実際に生徒いまでの学校寮のコンドミニアムに多数おり、帰国したくても学校のサポートが全く受けられないと漏らしているようです。チケット手配、空港への送迎手配など全くしてくれないようです。

<緊急投稿⁈>ネクシードは超ブラック3位認定

<超ブラック>セブ島英語学校5位・・・MeRISE(ミライズ)

海外留学者救済プロジェクトで現在オンライン英会話に力を入れているようですが、ここはセブ島をメインに経営しており、ECQ違反の恐れがあります。※現在特別許可かPEZA認可のビル以外の営業はかなり厳しくなっております。

ウェブサイトの返金規定を見ても、突出した厳しいものになっています。オンライン英会話については詳しく書きませんが、その料金もかなりブラックです。詳細は下記よりどうぞ。

ミライズはオンライン英会話もオフラインも超ブラック⁈

<ブラック>セブ島英語学校6位・・・SMEAG

新型コロナの感染者が出たのか、出たのを知ったのか、それだけ知りたい。台湾ではコロナ発生の情報が確定しており、今後なかなか運営が難しくなるのでは。日本人全員解雇、強制帰国。残っている人は無給らしい。

<2020年4月21日更新>

SMAGEが公式文書にて、返金を申し込んだ生徒に対しての返金が6月15日になる、かつ学校再開のスケジュールによってはさらに延期になると生徒に送付しております。現時点で返金を全くしていないという解釈にもなり、非常に大きな問題だと思われます。

<ブラック>セブ島英語学校7位・・・サウスピーク

この学校も返金トラブルや、学校閉校後もTESDA違反で授業を行っていたブラック企業です。この会社もインターネットやTwitterを駆使したオタク企業です。マスオが知らないところで集団訴訟の動きがありますが、問題が大きくなってからは鳴りを潜めているようなので、某会社の代表者ほどとびぬけてはいないようです。(悪い意味で)2018年に新しいキャンパス作りましたし、縮小することになりますね、きっと。

<ブラック>セブ島英語学校8位・・・NILS

もとからいいうわさを耳にしたことがない学校ですが、現時点でもセブ島留学関係で広告を出稿していることが判明しました。

現在フィリピン及びセブ島には、いつから渡航制限が解除になるのか、いつから英語学校が開校できるのか全く目途が立っていません。

新規申し込み→振込というプロセスをしてしまうと、お金が戻ってこない可能性がありますので、注意が必要です。

<ブラック>セブ島英語学校8位・・・桐原グローバルアカデミー

マスオのセブ島留学の読者様からの問い合わせにより、独自調査を行ったところ、桐原グローバルアカデミーについては、現時点でセブ島が渡航後隔離を取られる状況にも関わらず、その案内がなく、通常通りの案内をしていることが判明しました。

同じ図書出版グループのKredoも全く同じ多対応をしており、桐原グローバルアカデミーについては返金トラブルは発生していないものの、セブ島が閉校の状況で通常通り運営をしているかのようなことを装っている疑惑があります。

<超ブラック番外編>セブ島留学マナビジン

セブ島留学マナビジンは以前は確かに飛ぶ鳥を落とす勢いはありました、以前は。しかし、いまとなっては企業倫理、社会正義の観点から、今後生き残ることは難しくなるでしょう。マスオはセブ島留学マナビジンのアクセス数を年内に超すことをここで宣言します。今マスオが全知全能をかけて、このマスオのセブ島留学の記事を次から次へと書いています。マスオにはファミリーもいます。マスオ以外の刺客も、今後次から次へと記事を書いていく予定です。

マスオのセブ島留学の絶対的な強み

広告は一切受け付けないと、ここで宣言します。広告を受け付けないということは、広告主に気を使うことなく、どんな記事でも書けてしまいます。ただ、一つだけ言えるのは、アクセスを集めるためにいい加減な記事を書くつもりはありません。情報の出どころをはっきり確かめたうえで、慎重に吟味したうえで、これだという良質な記事を書き続けます。マスオは毎日最低でも5‐10時間記事を書いています。これだと思ったら、どんどん書きます。現在はまだまだ検索エンジン経由のアクセスは少ないです。これが半年たったら激変します。

<おすすめ>セブ島英語学校

セブ島の英語学校は多くの学校で経営危機を迎えます。ちゃんと生き残った段階で正式に<おすすめ>ランキングを独自ページで作成しようと考えていますが、現時点では、ここは生き残って欲しい(あるいは生き残るだろう)という英語学校だけ掲載しました。

桐原グローバルアカデミー



ブラック8位へ追加しました。

CEGA

評判の良い小規模学校。生き残ってもらいたい学校。頑張って欲しい。

セブ島英語倶楽部

ここの小規模の学校。CELTAも保有している雇われ社長は、苦戦しながらもセブ島で頑張っている印象を受ける。

STARGATE

セブイングリッシュ系列。閉校の噂は家主からコロナで一人部屋でしか使用するな、と言われていることが原因のよう。その件が解決できたら、ぜひ生き残って欲しいものです。

FIRST ENGLISH(2020年4月12日削除)



(読者様の通報により調査を開始しました)

ブルーオーシャン

韓国系だが悪いうわさを聞いたことがない。もともとマクタンは家賃が安く高収益な学校が多く、生き残れる可能性は高い。

ジーニアス

ここも生徒さんの評判は良い。ロシア人(女性)がオーナーで、どんな苦難も乗り越えそう。ここも高収益で生き残れる可能性高い。

ECC

桐原と同じで親会社判断か。親会社は優良企業。

Philinter

数少ない物件保有の英語学校。ここは生き残るのではないか。

ZA English

オーナーから直接コメントを頂く。UVとの提携解消後も頑張っておられるようです。マスオは頑張るセブ島の英語学校経営者様を応援します。

C2 UBEC

今回の新型コロナウィルスで、正式なキャンパス閉鎖の情報をキャッチした第一号。女子キャンパス、プレミアムキャンパス、ANNEXキャンパスの閉鎖済み。しかし、このタランバンキャンパス本校のみとしたことで、生き残りの可能性が高まった。悪いうわさも聞かない。

今日はここまでにしておきます。こうした<2020年版>の記事は今後も記事内容の強化によるコンテンツ(文章量)を増量かつ、より質の高いページにしいく予定です。

それではまた。

27 件のコメント

  • 桐原ってKと提携してなかったですか?
    桐原書店に言ったら返金全額もらえますかね。。

    • コメントありがとうございます。サイトで見る限り図書印刷グループとは書いてますが、桐原はどうなんですかね?情報の出どころを教えていただけると助かります。

  • Kの元生徒ですが桐原はKと同じビル同じフロアにありましたね
    詳しくはわからないですがなんらかの関係がありそうです

  • 素晴らしいランキングですよ。

    順当です。

    特に、話題にならないSMEAGを取り上げた点を評価します。

    ここの韓国人オーナー〇un 〇ae 〇wanは、講師たちからはもちろん、コミュニティや業者などからの訴訟案件が山のようにDOLEであるが、弁護士資格のあるフィリピン人妻が敏腕。似たもの同士の恐怖政治によりSMEAGのアドミンスタッフや講師を従えさせているブラック企業。

    又、〇〇の取締役時代に大型脱税事件に乗じて巨万の富を得て、世界一周でほとぼりを覚まし、しらっとSMEAGの日本人共同オーナーでございますヅラ、だが実際は日本サイドのマーケティング担当に過ぎない〇〇さんのこともそのうち記事になりますかね。

    • コメントありがとうございます。マーケティング担当の〇〇さんですが、昨年喧嘩したらしく、SMEAGは今はすべて独自にマーケティングをやり始めました。フィリピン人妻の話は有名ですよね。。。

  • 今年のはじめにKredo留学を申し込んで、コロナの影響で延期になりました。
    留学自体をキャンセルするか、留学時期を延期するか悩んでいるときにこちらのサイトを見つけて、自分の調査不足と現実に落胆しています。
    こちらのサイトには記載されていませんが、ACTHOUSEという企業がブラックかどうかを知りたいです。

    • コメントありがとうございます。ACTHOUSEについて調査しましたが、設立後3‐4年のかなり小規模な会社です。正直申しあげていい評判も悪い評判も全くないので、自己責任でのご判断をおすすめします。いつからご留学を検討されているかは存じ上げませんが、フィリピンのロックダウン解除、フィリピン航空など運航再開、2週間の隔離廃止など、すべて条件がそろってからご留学をされることをおススメ致します。

  • ラストリゾートというエージェントを通してターゲットに抗議してもらったけれど、今返事が来て、学校の新たに決めたルールに従え、オーナーからの指示だと言われました。〇〇オーナーからの言い訳がありましたが、人柄がよくわかりました。
    脅迫(一切返さず、開校後の入学も認めない)に屈して、僅かな返金(残り2カ月分もあるのに、チャーター便にも乗れない)で諦め、言われたようにエージェントを訴えるか、弁護士に相談します。ちなみにラストリゾートも留学サービス審査機構の認証事業者リストには載っていない事業所でした。

    • コメントありがとうございます。個別案件となるとなかなかご支援出来ませんが、ご健闘をお祈りいたします。

  • 契約する前からマスオさんを知っていたらと悔やまれます。
    事業には人間性が何より大事だと日々痛感しています。
    取り上げて頂いてありがとうございました。‍♀️

  • 施設の中は写真とは大違いで、差が酷すぎます。日本食はファッキンフードと呼ばれてます。時間が7時で終わるので、食べ損ねたら外食しかありません。近くにマスオさんの行かれた同一経営の食堂を作ったのも、そのためかも知れません。
    他の語学学校を経験してなかったら、フィリピンなんだから仕方ないと言う言葉を信じたでしょう。ほとんどが若い日本人なので、その言葉を鵜呑みにして泣き寝入りしたんだと思います。

    マスオさんの投稿の、回収が先で、生徒への還元が後、と言う説、なる程と思いました。
    今後、こう言った会社がどうなるか見ものです。顔や名前を晒してますからね。新しく作ったとしてもすぐバレますね。

    マスオさんのサイトがなくなるとは寂しいです。見つけたばかりなのに。残念です。

    • コメントありがとうございます。回収が先というか、生徒から学費寮費を先に振り込んでもらい、サービスは後から提供するといったことです。コメントは対応致しますし、ブログは引き続き運営しております。

  • エージェントによって、全額返金して、その他の人には殆ど返さない。
    言いなりにならない人間は、訴えて国外退去、永久追放と言って脅す。
    ターゲットの社長はフィリピンの裁判官なんですか?
    自分の決めたルールが法律と思ってるのでしょうか?
    もっと順位を上げて欲しいです。

    • コメントありがとうございます。少し考えさせてください。よろしくお願いします。

  • 語学学校や仲介者はほぼいなげな団体で繋がっているようだし順位は一律でいいのかも。
    日本へ体かわしてるのもいて全く無責任な輩です。

    これから学校を選ぶときはセブ和僑会関連は辞めたほうがいいです。セブポット代表もその一味なので私は読みません。内容が薄くいつも同じ内容なんでそもそも読んでないですけど。

  • 某語学学校の○○さんは未だにニュースPICKSでコメント活動をされているようですね。
    これはこちらの記事をニュースPICKSで取り上げるしかないですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    マスオ
    大手企業経理課に長年勤務後、マスオのセブ島留学で脱サラ。経理課時代から投資でひと山当てている。特技は暗算。Twitter始めました。@masuo319 当ブログで多重人格を告白。