セブ・マクタン空港国際線新ターミナル徹底紹介

セブお役立ち

本日早朝の便でセブ島から日本(成田)に向かっております。運が良ければ、フィリピン航空のラウンジで更新できるかもしれませんが、ブログの更新できないかもしれません。最近セブから日本に帰るときは、この早朝便を利用することが多いです。というのも、マスオが現地に5年くらい住んでますので、車で自宅のコンドミニアムから自分で運営して、空港のあるマクタン空港に向かいます。早朝便だと渋滞が回避できるというのが一番大きな理由です。ちなみに国際線新ターミナルはターミナル2となり、国内線がターミナル1となります。今回はまずい、あるいはまずいだろうレストラン含め紹介しています。高いか、あるいはますくて高い店しかないので、本来は紹介したくないのですが、今回は案内メインということで、ご理解ください。

セブ・マクタン空港の行き方

マスオが現在クラウンリージェンシーが運営するコンドミニアムに住んでいます。そこから行くと、通常の時間帯は1時間から1時間半かかりますが(Google Mapだと45分と表示されましたが、朝は比較的渋滞がありません)、早朝だと20‐30分くらいで到着します。※ルートはセカンドブリッジ経由となります。

セブ・マクタン空港の駐車場

場所は以前と変わりありませんが、国際線新ターミナルに稼働により駐車場がかなり大きくなりました。以前はウォーターフロントホテルの駐車場に停めていたことも多かったのですが、最近はどんな時間帯でも空いていることのほうが多いです。ご覧の通り屋根がついていないので、数日置きっぱなしにしていると随分汚れてしまいますが、そこは仕方がないところです。こちらについては冒頭の写真を参考にしてください。駐車場の料金は、

最初の1時間30ペソ
以降1時間ほとの超過料金が10ペソ
オーバーナイトで250ペソ

※最新情報(マクタン空港のウェブサイトで確認済み、2019年7月10日)

日本人にとっては比較的安い値段設定なっています。

セブ・マクタン空港国際線新ターミナル外のお店

国際線新ターミナルの1階の外にはお店がいくつかあります。悪いことはいいません、ここはもう空港です。水一つ買うにしてもすでに空港プライスになっているので、注意が必要です。※写真を撮り忘れてしまいました。

セブ・マクタン空港のタクシー乗り場

こちらが日本からセブ島に到着した場合のタクシー乗り場です。白タクシーが一番安いメータータクシーで、空港タクシーと言われる黄色のタクシーは同じメーターでも2倍ほどの料金がかかります。Grabをインストールされている方はそちらもいいかもしれません。雨が降るとなかなかGrabが予約できず、しまもタクシー乗り場も混雑するので注意が必要です。※写真を撮り忘れてしまいました。

セブ・マクタン空港国際線新ターミナル2階中のお店

通常出国は2階からになりますので、エレベーターで2階に上がって、パスポート、チケットなどを確認して中に入ります。その二階のお店は1階外のお店と比較してもさらに高くなっている印象があります。

2階右手のカフェ(AITAZZA)



エレベーターで2階にあがり、右手奥にはカフェがあります。一見おしゃれな普通のカフェなのですが、値段がとんでもない。


ケーキもあるし、コーヒーもあるし、フラッペなどもメニューもあります。フラッペって高くても200ペソくらいだと思うのですが

メニューをよくよく見るとほとんどのドリンクが200ペソから。そしてフラッペにいたるや360ペソと欧米諸国を思わせるような料金設定です。写真だと見えづらいかとは思いますので、ここに書きますと

Americano 190 220
Latte 210 240
Mocha 240 270
Oreo Frappe 360 390

ドリンクのサイズはおそらくMとLですね。一番安ホットコーヒーが190ペソ。(フィリピンにおける相場100-120ペソ)、一番高いフラッペが360ペソからと、1.5倍は当たり前の料金設定です。マスオは前市長のオスメニアさんが大嫌いでしたが、この空港のお店の料金設定をみるだけできな臭いですよね。新しい市長が空港のお店の料金から変革してくれることを希望します。

2階左手にはドラッグストアとATM

2階に上がって左手すぐのところにドラッグストアとATMがあります。

マスオも少し手持ちが少なかったので、お金を少しばかりおろしました。

一見シャビ―な薬局ですが、水が75ペソもします。水はターミナルの中でも75ペソで統一されています。空港外だと高くても20ペソぐらなので3倍以上の価格です。皆さん注意しましょう!!!

フィリピン航空チェックイン

マスオはマブハイクラブのエリート会員なので、エコノミーですがビジネスクラスと同じ場所でチェックインができます。以前より列が短くなったのは、新ターミナルの設備が整っているからなのでしょうか。

ターミナルフィーは850ペソです。

チェックインが終わるとターミナルフィーを払います。現在850ペソと少しづつ上がっている印象があります。日本でも1000円払う必要があると言われていますが、フィリピンのこの850ペソのほうが明らかに高いです。日本だと2000円くらいはとってもいいのではないでしょうか。

イミグレーション・手荷物チェック後

イミグレーションを通過して荷物チェックが終わると、DUTY FREEのお店がたくさんあります。一般的な化粧品、お酒、たばこなどがTAX FREEで購入できますが、マスオはここで買い物したことがありません。

お酒もたばこも縁がないので、DUTY FREEには興味なし。。。

DUTY FREEを抜けると高級ブランド店が

TUMYとかコーチとかも最近できたみたいですね。普通の割引販売しているのが、フィリピンならではですね。

コーチはかばんいいですね。

バリー、買ったことないな。。。

TUMIは先日シンガポールで半額でリュックサック買いました。ブランドも値引きするので、定価で買わないほうがいいと思います。

Kate Spadeは女子ブランドですね。

洋服のブランドですよね。マスオは洋服ブランドには全く興味ないです。最近ユニクロの品質が上がっているので、機会があればそのことにも書こうと思います。

右手に曲がっていくと先月も紹介したお店が・・・

マンゴーチップスはここでも変えますが、200g、17USD(ペソだと850ペソ)と相場の5倍くらいの値段です。事前になんらかのかたちで入手して、ここでは絶対に買わないようにしましょう!!!

まずは右手曲がってすぐにレストラン2軒

お土産物屋の向かいに2軒レストランがあります。ラーメン屋とバーのようなレストランです。どちらもビックリするくらい高く、マスオも利用したことがありませんが、両方とも値段調査をしてみました。

謎のラーメン屋

ブランドショップを過ぎるとすぐに大きなRAMENの看板が。

どこのラーメン屋かよくわからない得体のしれない雰囲気を醸し出しています。

見えにくいですが、基本セットで700ペソ台からになっていますね。とんでもなく高いだけでなく、ここはどう考えても美味しくないと思われます。※マスオの第6感です。マスオはグルメなので、やばいと思うお店では絶対に食事をしません。

バー・レストラン Cabin

ラーメン屋の目の前にあるバーレストラン。ここも、とんでもない料金です。

ここも700-1000ペソの料金ですね。マスオはケチなので、とてもでないのですが、利用できません。この店超えるとラウンジがあるので、そこでしばし休憩をします。

空港ラウンジ

バーレストランのCabinを超えると左手のエレベーターがあり、そこから空港ラウンジに行くことが可能です。エレベーターで1階におります。

エレベーターで1階におりて、右手がPLAZA PREMIUMのラウンジです。こちらのラウンジは、ダイナースカードでも利用ができますが、食事があまり美味しくありません。

マスオはマブハイの会員なので、こちらを利用することにします。ここで、事件が。空港のWIFI以外ラウンジで利用できるものがないというではありませんか。仕方がないので、WIFIのためにPLAZAのほうにダイナースカードを見せて、WIFIパスワードを入手しました。

なかなか難しいですね。こちらを入手して、フィリピン航空のラウンジに戻ります。

こんな感じです。結構人が多くいました。

大したわけではないのですが、こちらのほうがまだましです。

コーヒー、バナナ、甘味系以外にもシュウマイなどのDIM SUM系を頂きました。フィリピンのおかゆもあり、そちらはお腹を満たすことができて、おススメです。

バーガーキングの料金比較

空港のレストランの値段がいかに高いかを知るためには、バーガーキングの料金比較をしてみるのが一番わかりやすいと思われます。セブ市内やマクタン島内のバーガーキングだと、100ペソ少しくらいからセットがあります。

ダブルBBQベーコンチーズバーガーのセットが415ペソです。

通常の料金がどうやら200ペソ。2倍以上にしてますね。常識的に考えて2-3割くらい料金が高いのはわかるとしても、2倍以上はひどいです。フィリピンという国にとって、こんなことを続けていては国の威信にかかわります。※一体だれがお金を得ているのでしょうか。。。

BO’S COFFEEの料金調査

気を取り直して、BO’S COFFEEの価格調査です。ちょうどバーガーキングの向かいにあります。

サンドウィッチとパスタが320ペソから、朝食セットが260からですね。ばがーキングと比較すると少し安いように思います。

コーヒーが150ペソからありますので、2倍ということはないですね。全体的に1.5-1.7倍くらいの料金設定です。バーガーキングは、少しやりすぎな気がします。もともと安いので、空港でもうけてやろうという魂胆が見え見えですね。

このサイドの他のお店をチェックしてみる

バーガーキング、BO’S COFFEEがあるほうの手荷物チェックを終えて、右側にいったほうのサイドの他のお店を見てみます。

見るからに高そうなマッサージ屋。

マッサージが30分740ペソからです。高いですが、バーガーキングほどではありませんね。そもそもフィリピンのマッサージは安いので、そこからすると高いですが、バーガーキングと比較すると安く感じます。

イスラム教徒向けの祈りの部屋があります。日本ではあまりみかけませんね。

WHSmithですね。一応水の料金を見てみましょう。

一番安いので75ペソと、イミグレ通過前と同じ料金です。ちなみに自動販売機では、お水は50ペソで購入ができます。それでも高いですが、必要な時は自販機を使用するほうが安いです。

一応電化製品販売店もあるので、携帯ケーブルを忘れてしまった際などは購入可能ですが、空港料金とお考え下さい。

左側のレストラン紹介

バーガーキングとは逆側のレストラン3軒を紹介します。

イミグレ前のカフェがこちらにもあります。料金は割愛します。

アジアン料理のレストラン

セット系が中心なのか、やたら高そうですね。

このお店も得体のしれない雰囲気が出てます。ASIAN KITCHENですから。店の名前からしてポリシーのかけらもありませんね。

一度だけ空港で入ったことがあるBonchonです。空港外で行ったことなかったのですが、まずかったです。チキンは食べれるたしいですが。。。

空港のレストランまとめ

バーガーキング バカ高い 味は同じ △(行ったことあり)
BO’S COFFEE 高い 味は同じ 〇(行ったことあり)
ラーメン屋 バカ高い 味は怖くていけない ×(行ったことなし)
バーレストラン バカ高い マスオはケチなので行けない ×
ASIAN KITCHEN バカ高い 味は怖くて行けない ×(行ったことなし)
Bonchon 高い 味はまずかった(チキンはまだまし) ×
AITAZZA バカ高い 普通のカフェ ×(BO’S COFFEEのほうに行きます)

上記の結果となりました。食べた後に嫌な気持ちになるのを避けたいので、今後はコーヒーならBO’S COFFEE(フィリピン航空以外のフライトやゆっくり休みたいときな)、食事はラウンジを使いたいと思います。ラウンジはダイナースでPLAZA PREMIUMも使えますし、ただ、フィリピン航空のマブハイラウンジのほうをなるべく使う予定です。

見た目ばかりよくなった国際線新ターミナルですが、フィリピン(セブ島)の闇を深く感じさせる、よくない空港です。なんとか、もっとリーズナブルで美味しいレストランに入れ替わることがあればいいのですが・・・(全く期待はしていない)

応援よろしくお願いします。