マスオのセブ島起業アイデア

セブ島起業

脱サラして投資でひと山当てて、現在セブ島に移住しているマスオは、同時に起業準備中でもあります。今日は今後も起業アイデアについてまとめてみました。こういう風に書いて実行しない人も多いですが、マスオは実行力高いのでここに上げた事業も80‐90%は実現すると思います。

コンビニ始めます

物件は決まりました。現在BIRなどの許可はもう取っており、レイアウト、棚の発注などを今月中に済ませる予定です。商品の仕入れなどもマスオが一人でやる予定です。まずはコンビニを開始、日本食系のお惣菜(納豆など)を今後導入していく予定です。輸入のライセンスも申請中で、将来的には日本食スーパーの機能も拡充させますが、この分野はよくないうわさも多くあるので、慎重に進めていく予定です。7月中にはオープンできると思います。

ホテルは来年開業予定

2020年7月あたりを目途にホテルを開業する予定です。こちらについては、日本食をメインにした朝食を導入する予定です。まずはコンビニ機能での納豆の生産を軌道に乗せて、来年のホテル開業までに朝食で納豆を提供します。ホテルの屋上にはプールだけでなく、できれば貸し切りの個室の風呂も作りたいと思っています。ホテルの物件も確定しています。ホテルのほうは投資金額も比較的大きいので、1年以上前から準備しています。日本人のビジネスマンが安心して宿泊できる、ベトナムにある「東屋」をモデルに考えています。客室にはそこまでこだわらず、朝食、貸し切り風呂などの日本のサービスにこだわります。5年セブに住んで、マスオが欲しいサービスを自分の手で実現させようと思います。

養豚場を計画(時期は未定)

セブ島はレチョンが有名であるように、ブタの名産地です。個人で養豚場を運営している人も多くいます。今年に入って、米、野菜、など一通り検討しましたが、最終的に豚に決めました。ここでは言えない理由もありますが、要は手軽に始めることができるのが一番の理由です。まずは数十頭からスタートして将来的には月間1000頭を目指します。マスオの納豆、マスオの豚をセブ島に拡げていく予定です。名前は変更するかもしれませんが汗。

マスオのマニラ進出は近い?

セブ島には住んで5年ほどになりますが、マニラ進出も近いかもしれません。マニラには10回以上行っていますが、いまだにタクシーは怖いです。今年は結構マニラにはリサーチで行く予定です。その他にも構想はありますが、現在ほぼ確定している80‐90%の実現度合いでの起業スケジュールを書きました。その他構想段階の事業はここでは控えておきます。7月2-5日日本に帰って納豆の機械を持って帰ります。まずはマスオの毎日の朝食で、自分で作った納豆が味わえることを楽しみにしたいと思います。