ZOZOの会員になるZOZOMAT

マスオの日本株投資

先日ZOZOMATが発売になるという記事を読んで、早速ぽちっと無料の申込をしました。ZOZOスーツは大失敗に終わったZOZOですが、今度は靴で勝負をするみたいです。マスオはZOZOMATにはかなり関心があります。実際にZOZOスーツには全く興味がありませんでしたが、ZOZOMATはアイデアとしてはいいと思いますので、その物を見てみたいところです。ここ最近話題だったZOZOの株についても投資判断をしてみたいと思います。

マスオがZOZOスーツに興味がなかった理由

オーダースーツはすでにありますし、その他の洋服はそこまでピッタリしなくてもいいのかなと思います。そもそもやっぱり試着して決めたい部分もありますし、マスオはなんといっても男なので、ネットで洋服は買わないです。ZOZOについてはここ数年連日ネットをにぎわしていたので着目してはいました。株価については、もっと安い時期に買えたらよかったでしょうが、そもそもマスオはネットで洋服買わないので、まずもって早くZOZOの存在を知ることはなかったでしょう。早い段階で会社に注目することが、投資の世界では非常に重要です。

マスオはZOZOMATいいじゃんと思う訳

まず第一にマスオにとって靴はいい思い出がない。オーダーで5万超える靴を買ったこともありますが、5万はやはり高いし、1万超える靴買ってはいてみると履き心地がよくなくて、はかなくなった靴は多数あります。確かに似たようなサービスをやっている会社はすでにあるかもしれませんが、ZOZOMAT無料だし、靴ってサイズさえ合えばネットで注文できたほうがいい。なんといっても、店舗に行って購入しても、1日はいてみないと靴が合うかはわかりません。靴はネットとより相性が合うのではないでしょうか。

ZOZOがやるZOZOMATだからさらにいい

ZOZOのようなネットの会社だと、オーダーの靴をもっと安くしてくれるという期待があります。オーダーでも5万もしたらなかなか買えませんよね。せめて1万円かそれを切るくらいで靴を購入できれば、ぜひユーザーになりたいと思います。マスオは足のサイズも日本人の平均よりかなり大きいですし、甲高なので、それを解消できる靴がネットで気軽に買えるとうれしいです。

靴のネット通販といえばロコンド

靴のネット通販といえば、ロコンドという会社が有名です。この会社は株式公開しているにも関わらず、赤字体質からなかなか脱却できていない理由が、返品・交換がかなりできる点です。ZOZOMATだと、返品・交換リスクはかなり減るので、ロコンドにとっては協力なライバル登場ですね。ロコンドも株価がどんどん下がっていますので、ZOZOによるロコンドの買収なんかも面白いかもしれません。

NIKEが米国で同様のサービスを開始

NIKEが2019年7月よりNIKE FitというZOZOMATに似たサービスを米国のみでサービス開始すると発表しています。ZOZOはNIKEが日本国内でサービスを開始する前に参入したかったという事情が背景にあるようです。NIKEのようなシューズだと、履いているうちになじんでくるのでいいのですが、ジャンルとしてはシューズより革靴のような靴のほうがオーダーのニーズは高いと思います。なかなか難しいとは思いますが。

ZOZOはZOZOMATが起死回生になるかも

いろいろネガティブな意見もネットでは多く見ますが、ZOZOのブランド力、ZOZOMATの進出のタイミングを考えると、実はこれが起死回生の一手となるかもしれません。現時点でもZOZOTOWNの靴の売上はかなりあるようなので、進出分野も非常にいいです。ZOZOSUITSとの連携を図るようで、今後に期待したいです。

ZOZOへの投資ですが、やや買い。実際にマスオはZOZOMATが届いてから商品を購入してみて買うか判断したいと思います。詳細分析はその際にしますので。

最後になりますが、 投資は自己責任です。自ら情報を集め、分析し、投資実行してください。投資による損益の責任は自らにあります。

応援よろしくお願いします。


サラリーマン投資家ランキング