シンガポールへの弾丸旅行①セブ島出国編

シンガポール旅行
マクタン空港外観

2泊3日でシンガポールに行ってきました。シンガポールといえば、マスオが脱サラ後投資に成功して5年くらい住んでいた国です。現在はビザも更新を止めて、投資会社も家賃や管理費がもったいないので閉鎖したのですが、残務処理が残っているので弾丸で、しかも家族で行ってきました。本日はセブ島留学後日本に帰るときに参考になるような、セブ島からの出発編です。

マクタン空港へは車で行き駐車

冒頭の写真は、マクタン空港の国際線新ターミナルのものです。新しい国際線用のターミナルが出来てからは、車の駐車が非常に便利になりました。以前は空港の駐車場は常に満杯で停めることができず、よくウォーターフロントの駐車場に停めていましたが、現在はほとんどの時間帯で空きがあります。駐車代金は1泊200‐300ペソです。実際に2泊3日で600ペソでしたが、日本と比較すると安いので、最近はタクシーを使わず車で行くことが

ターミナル内でお土産は購入しないように

マクタン空港ターミナル内お土産物屋MOMENTO

チェックイン後、少し値上げされたターミナルフィー(850ペソ)を支払い、イミグレーションを通過するとたくさんのDUTY FREEのお店が並んでいます。その代表的なものがこのMOMENTOなのですが、ここではお土産は買うべきではありません。

7Dマンゴーチップス

代表的なのが日本人に一番人気の7Dのマンゴーチップスです。このマンゴーチップスの相場ですが、200gで180‐190ペソあたりが、現地スーパーマーケットで購入できる金額です。少し高めのコンビニやお土産物屋さんなどでもせいぜい250ペソくらいが許される範囲の値段だと思われます。ちなみにマスオは、いつも工場で50パックを8000ペソで大人買いしていますので、1パックあたり160ペソとお得です。(現地工場で買っています。またレポートしたいと思います)ちなみに日本で購入すると、かなり高くて最安の楽天で1パック980円となります。

空港ターミナル内での7Dマンゴーチップス衝撃の値段

以前日本に仕事で帰るとお土産を買うのを忘れて購入したことがありました。その際に高いとは思っていましたが、ここまでとは。。。お値段なんと17USD=1880円です。日本で1パック980円で購入(ネットではありますが)できるものを、その約2倍の1880円で売るとは、ぼったくりも甚だしいです。

マクタン空港ターミナル内のレストランには注意

マクタン空港新ターミナル内ラーメン屋

新ターミナル内には謎のラーメン屋やバーガーキングなどもありますが、とにかく高い。マスオは食に関してはうるさいので、美味しいラーメン屋にしか入りませんが、このラーメン屋1杯500ペソするのに加えて、なんかうさんくさい空気を醸し出していて、怖くて入る勇気がありません。ちなみにバーガーキングも市場価格の2-3倍の料金となっています。

マクタン空港の新ターミナルは負の遺産?

そもそもこの新ターミナルですが、前々知事の時にプランができて、前知事の時に完成したものです。今回セブ島も新しい知事に変わるところですが、以前のセブ島の政治は腐っていたとしか言いようがありません。新ターミナル内の飲食店の値段を見ても明白ですが、そのかなり高めのお金は一体どこに流れているのか、僕ら外国人には知る由もありません。ドゥテルテ大統領が就任後は、明らかにセブ島も公共工事が再開しており、セブ島の新市長は彼の刺客と聞いていますので、期待をしたいところです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。ということで、タラちゃんの後ろ姿のサービスショット笑。次回はシンガポール・グルメ編です。